思い切って遊具を撤去し<br>ASOBIOを作りました
埼玉県 | つつじ幼稚園
子ども主体の保育にシフトしていくなかで、
園庭の在り方に疑問を持ち、
ASOBIOに興味を持ちました。
先生にも主体的に取り組んでほしいので、
スマートエデュケーションさんに相談しながら
園庭改修プロジェクトを進めました。
園庭の改修ありきではなく。現場の先生の意見を聞きながら進めたかったので、スマートエデュケーションさんにASOBIO研修をお願いしました。
ASOBIO研修を通じて、先生が想像以上に自分たちで園の保育環境を考えたいという想いを感じる事ができ、嬉しくなりました。
先生方が理想の園庭を自由にスケッチすると、自園の園庭とは180度違う、自然豊かで、起伏がある園庭が沢山描かれていて驚きました。
先生がグループワークで作成した理想の園庭のイメージ。人工的な遊具は少なく、自然豊かな園庭をイメージしています。
後日スマートエデュケーションさんが先生のアイディアや意見を取り入れた園庭プランを提案してくれました。3Dで描かれているので先生の好みの視点でチェックができ、先生たちのイメージが大きく膨らみました。
先生や私たちの要望を全て実現するのではなく、子どもたちの様子に合わせて変化できる園庭を目指して、本格的に工事する事を決めました。
これは改良前の園庭です。長年お世話になった遊具とのお別れは寂しいですが、職員一同で新しい一歩を踏み出す決意をしました。
スマートエデュケーションさんに、遊具の撤去や移設、地盤改良、造園の業者さんを紹介して頂きました。工事中も各業者さんとコミュニケーションをして頂き、大変助かりました。
工事期間中にASOBIOアンバサダーのあだちみどり幼稚園さんやきよせ幼稚園さんさんを訪問し、職員交流をしました。
先生にとって交流の場はとても刺激になったようで、新しい園庭での遊びを大分イメージできたようです。
約2ヵ月の工事を経てASOBIOが完成、子どもたちの遊びがこれほど変わるのかと実感しています。
これからも子どもたちの様子を見ながら、面白い園庭になるよう改善を続けます。
自由遊びの時間に外遊びする子どもが増えました。遊具での運動的な遊びから、創造的な遊びが増えたように感じています。また、先生たちの思いも反映されているので先生が主体的に取り組んでいる姿もうれしく思います。