園庭整備を終えて

あだちみどり幼稚園

理事長 大熊 啓太 先生

改修前の園庭は平らで見渡しが良い反面、自然環境はごく一部で、発見や季節による変化をあまり感じられず、遊びの幅が広がらない環境でした。

毎日皆が同じような遊びをしていたのです。ドッヂボールやサッカー、鬼ごっこ。


それらが悪いとは思いませんが、もっと多様な遊びがあって良いし、子どもたちそれぞれに好きな遊びや好きな場所があって良いと思い、園舎改築を機に園庭を拡張しasobioゾーンを作りました。

平らな場所は広く残しておいたのでこれまでの遊びはそのままに、木々や草花が増えたことで、これまでには見られなかった生き物たちが姿を見せるようになりました。

子どもたちは生き物への興味関心が広がり、それをきっかけとした保育が展開されるようにもなりました。自然環境が保育をより豊かなものにしてくれたのです。

築山をひたすら登ったり降りたり、木々や草花の中を探検し、子どもたちなりの「発見」を楽しんだり、泥や水でダイナミックに遊ぶ様子が毎日のように繰り広げられています。これまでには見られなかった「名前のない」遊びも至る所で展開されるようになりました。
集団で遊ぶことに気が向かなくても、自然環境が遊び相手となり、子どもたちそれぞれに好きな遊びや場所ができました。